計測システムエンジニア向け教育プログラム

  1. ペリテック
  2. 教育
  3. 計測システムエンジニア向け教育プログラム
  4. プログラム内容 No.2

計測システムエンジニア向け教育プログラム

Measurement System Engineer Program

OJTでの社員教育のメリットとデメリット

OJTのメリット

実際の現場の仕事で生じている問題に対応することで、机上での知識だけでは解決ができない問題に対する解決能力が身につきます。

実務に対する指示や指導を上司から受け、上司に進捗状況や結果を報告し、同僚ともコミュニケーションをとりながら業務を進める必要があるため、コミュニケーションスキルが身につきます。

実務では目的や目標が設定され、また作業の結果と実績が目に見えることから、机上での講習よりもモチベーションが高くなるため大きな教育効果が得られます。

OJTでは一般的な理論だけでなく、その会社に蓄積されている上司や先輩の知識や経験(暗黙知:言葉で説明されていない、または説明しにくいこと)を伝えられます。

OJTのデメリット

目の前の業務の遂行が優先されがちなため、あらかじめしっかりした仕組みができていないと体系的な教育ができません。

指導する上司の教育の仕方で効果が左右されるため、上司の指導力の差による教育内容のバラツキが生じます。

指導する上司の負担が増え、日常業務に支障が出てしまう可能性があります。自社にはない技術の教育はおこなえません。

エムセップのエンジニア教育とは

PBL(問題解決型授業)

テクノロジーの中でも日進月歩で進歩する情報処理技術にかかわる職種では、OJTだけでなく、主に教育現場で取り入れられているPBLも取り入れると効果的です。PBLとはProject Based Learning(問題解決型授業)の略で、出された課題に対して学生が自主的に学習して、主に学生同士で質疑応答を重ねて課題を解決していく授業のことです。実務では、今までの知識で簡単に解決できない課題や、答えが1つではない課題が数多く発生します。PBLを用いた研修を行うことで、実務での課題に対する問題解決能力を高めることができます。

エムセップのPBL教育

エムセップではペリテックのインテグレーション事業で培った4000件の実績から抽出されたアプリケーションごとに特化した課題が用意されており、それを解決するための設計手法や開発方法のポイントを学ぶことができます。

PBL教育

エムセップの教育カリキュラム

エンジニアに必要な4つのスキルを学ぶ

これからの計測システムエンジニアに必要な4つのスキルを個別に学ぶ

4つのスキル

2つの教育方針

エムセップ-PBLで4つのスキルを
複合的に活用する課題型教育を実践

従来の教育では基本スキルを学ぶことができてもそれを活用するスキルを学ぶ事は実践でしかできませんでした。 エムセップではペリテックの4000件の実績から4つのスキルを複合的に活用する課題を抽出し、 それらを体系的に学ぶことでエンジニアの早期戦力化を目指します。

スタンダードコース

各コースのセミナーを年間を通して自由に受講できます。
エンジニアの教育は繰り返しが重要です。

ダイナミックコース

PBL形式の教育を短期集中で実施します。
カリキュラムを包括的に学ぶことが
できます。

PBL教育

エムセップが選ばれる4つの強み

  1. 社員のスケジュールに合わせたセミナー受講が可能
  2. 業界に特化しているため、業務での即活用が可能
  3. 定額制だから、費用を気にせず何度でも受講が可能
  4. ただセミナーを受講するだけではない、
    社員の成長を促す教育の仕組みづくりが可能

▲ページトップへ

教育メニュー