ワイヤーフロー社製モジュール

  1. ペリテック
  2. 販売製品
  3. ワイヤーフロー社製モジュール

ワイヤーフロー社製モジュール

ペリテックは、Wireflow社と提携し、日本・アジアでの製品販売を始めます。当社のパートナー会社であるNational Instruments社製の機器とWireflow社製のモジュールを組み合わせたシステムをご提供します。

モジュール使用例

WF 3132
マルチプレクサモジュール

Compact RIOおよびCompact DAQ用の32チャンネルマルチプレクサ/マトリックススイッチ。ほぼすべてのタイプの信号を切り替え可能な汎用タイプ。ルテニウム接点を使用したリレーを用いており、低電流の切り替えに適していますが、同時に最大0.5Aの信号をスイッチングすることも可能です。

WF3132

WF 3144
プログラマブル抵抗モジュール

CompactRIO用の4チャンネル16bitプログラマブル抵抗モジュール。各チャンネルは電気的に絶縁されているため、センサーシミュレーションに最適です。16ビットの分解能は非線形で、抵抗値が低いほど細かいステップに対応しています。

例)40~180Ω/ -150~+ 200℃の範囲で0.1℃の分解能でPT100センサのエミュレートに用いることができます。

WF3144

WF 3154
Fault Injection モジュール

Compact RIO用の4チャンネルFIモジュール。各チャネルで最大58V/2.5Aの信号を処理する能力を持ち、3つの半導体リレー(SSR)を使用して以下の電気的障害状態を作り出します。
・開回路 ・バッテリ短絡 ・グランド短絡
出力電流を増やすために、チャンネルを並列に接続することが可能です。

WF3154

WF 3168
バッテリ・スタック・モニタ
バランシングモジュール

高電圧入力マルチプレクサ、ADC、バッテリ0セル毎のバランシングスイッチを備えた、バッテリ 監視及びバランシングデバイス。このモジュールで1セルあたり最大15Vの電圧、最大8個までの直列のセルを測定できます。モジュール測定回路がアースグランドと電気的に絶縁されており、最大1000VDCのチャンネルとアース間の絶縁を提供。これにより多セルバッテリーの正確な監視に最適なモジュールです。複数のWF3168モジュールを使用することにより、長く直列接続されたすべてのセルを監視できます。

WF3168

WF 3169
バッテリ・ スタック ・モニタ
バモジュール

ADCと高電圧入力マルチプレクサを含むバッテリー監視モジュール。このモジュールで、1セルあたり最大5V、最大24個の直列セルを測定できます。モジュール測定回路がアースグランドと電気的に絶縁されていることで、最大1000VDCのチャンネルとアース間の絶縁を提供するため、多セルバッテリの正確な監視に最適です。複数のWF3169モジュールを使用することにより、長く直列接続されたすべてのセルを監視できます。

WF3169

見積もりリスト

品名個数
WF3132 マルチプレクサモジュール 数量
WF3144 プログラマブル抵抗モジュール 数量
WF3154 Fault Injection モジュール 数量
WF3168 バッテリ・スタック・モニタ バランシング モジュール 数量
WF3169 バッテリ・スタック・モニタ モジュール 数量

お問い合わせ

▲ページトップへ

販売製品メニュー

株式会社ペリテック
群馬県高崎市片岡町
1-17-2
TEL 027-328-6970

お問い合わせ・お見積もり